対象:日本語教師・職員

専任講師の授業準備は勤務時間中?

かなり前のことになりますが、専任講師をしていました。専任講師を辞めた理由の一つが授業準備を勤務時間中にできなかったことです。今はどうなのでしょうか。専任の方限定ですが、おたずねします。


投票は終了しました。(2020/11/29-2020/12/1:全75票)
ご協力、ありがとうございました。
*投票結果の引用はどなたでも可。
*コメントは引き続き入力できます。


コメント

  1. 齋藤由香里 より:

    むしろ私は勤務時間外には授業準備は極力しません。休日や勤務時間外に自宅で授業準備をすることは、ただのサービスです。それでは非常勤と何ら変わりませんし、余計に質が悪いです。何の為の常勤か、と思います。そういうサービスが横行するから、「常勤になりたくない」「割りに合わない」という思考になるのではないでしょうか?
    実際、私は通常は勤務時間内にしか授業準備をしませんが、もちろん学生の進路指導等で残業をしたりもしています。しかし、残業代は貰えません。無給です。もちろんボーナスも早出手当も有りません。完全なるサービスです。日本語学校はブラック企業だ、正直そう思います。それでも続けているのは、この仕事にやり甲斐を感じているから、ただそれだけです。長年今の私と同じ状況で続けておられる諸先輩方は、どんどん「無駄だ」と感じる業務を削って折り合いをつけているようです。

    10
    3
  2. ベテランかもしれない より:

    どのように考えるかは個人の自由なのかもしれないが、労働環境として、業務の準備を勤務時間内に行えないところは「異常」。
    勤務時間中にできないところで仕事をしている方は、辞めましょう。

    12
    1
  3. KIMIO HIDA より:

    無給で仕事をしていても、むなしく感じるだけ。さっさと止めたほうが精神衛生上もよい。

    2
    1
  4. がんばろう より:

    常勤と言っても担当する授業数や、経験年数などにより授業準備ができるかどうか変わると思います。私は1日8コマが週2日あり、学費管理、退学者追跡など重い業務もあるため授業準備は週末になりがちです。勤務時間内に終わるわけがない今の勤務先はブラックだと思いますがどこも似たり寄ったりかなと思います。

    1
    2
    • 松岡明美 より:

      過去に専任をしていました。専任が勤務時間に授業準備ができないのは当たり前だと思っていました。非常勤は時間外に自宅で教案準備をしていて無給です。授業準備といっても教案を書くことと、絵カードを出すことやコピーをすることは別の次元です。わたしは学校で教案準備などはしていないのに授業準備をしていると専任時に誤解されたのもあり絵カード準備、コピーも朝の勤務時間前、昼休み、勤務時間後にしていました。非常勤の目線も気にしてほしいです。わたしは非常勤をしてから専任をしていましたが、3時間の授業を週5~7回していたので土日は全部翌週の授業準備でした。が、教案を1から書くことは年数を踏んでいたのでしませんでしたが、教案準備をいちからしてそれを常勤だからと給料発生時間に勤務時間にするのなら非常勤から始めた方がいいと思います。常勤は確かに時給で割ると非常勤と同程度か駒数によっては非常勤よりわりにあわないかもしれませんが常勤は社会保険の半額負担やデスクなど見えない恩恵や、安定した雇用という恩恵は非常勤よりあると思います。雇用主や校長が授業準備を勤務時間にしていいというならそれもありかと思いますが、常勤になれなくてもなれない人もいると思いますので,非常勤はその行為を理不尽に思ったりします。そこの部分も常勤や雇用主側の配慮もほしいと思います。

      4
      6
  5. ゆうり より:

    非常勤は準備時間込みでコマ給いくらならできます、という交渉をして契約するので、フリーランスに近い勤務形態だと考えています。ですから授業の腕を上げて経験を積み、コマ給を上げる交渉術も必要だと思います。交渉次第で昇給や手当も期待できる働き方です。
    非常勤は常勤と比べ社会保険がないなどのデメリットもありますが、勤務場所や時間の拘束がないなど、メリットも少なくないと思います。

    今回のテーマの常勤の授業準備ですが、契約書などの業務内容に「授業」が記載されているなら(記載されているはずですが)、授業準備は業務に関わる事なので勤務時間内に行えますし、他の方も書かれている通り勤務時間外に行うのが常態となっているならば異常です。

    しかしながら、実際には異常な職場がほとんどではないでしょうか。
    勤務時間内に授業準備するなんて!という先輩講師は私の職場にもいますが、なぜ自分で自分の首をしめるような真似をするのか、到底理解できません。

    やりがいが大きい仕事なのは確かですが、経営者はそこに甘えて、常勤は定額使い放題で授業させられると思っている節があります。
    日本語教師はいわゆるやりがい搾取の典型だと思います。

    5
    1