Q1:採用試験としての模擬授業について(募集機関様対象アンケート) 対象:教育機関・雇用主

必ずしも必要とは言えないもの(面接で日本人の上司になるかもしれない相手を前に実力が出せるはずがない)

採用試験としての模擬授業について、以下の機関からの回答です。
========
日本語学校(東京都板橋区)
国籍:ベトナム・ネパール・中国・スリランカ・ウズベキスタン・インド等
========

模擬授業の形式・設定

  • ある文型や課を20分程度
  • 現在実際にいる国籍の学生と仮定し
  • 2、3人を相手に授業形式で行っていただきます。

評価ポイント

  • 経験値で見るポイントも様々ですが
  • ティーチャーズトーク
  • 語彙規制
  • 話すスピード
  • 板書の仕方・文字
  • 質問等に対する答え方などに加え
  • 人間的なもの
  • 機転の利かせ方等
  • 基本的な部分と応用力も見させていただきます。