Q1:採用試験としての模擬授業について(募集機関様対象アンケート) 対象:教育機関・雇用主

学習者と対話できるかどうかみるためのもの

採用試験としての模擬授業について、以下の機関からの回答です。
========
日本語学校(岐阜県)
========

模擬授業の形式・設定

  • 「みんなの日本語 初級1」から文型をひとつ指定し、20分程度で導入から練習まで行う。
  • 個人で作成したFCや絵カードだけでなく、学校保有の教材等も使用可能。
  • 模擬授業には、初級レベルの学生役として職員が2~3人参加し、終了後は簡単にフィードバックを行っている。

評価ポイント

  • 文型導入の際、適切な場面を設定できているか。
  • 学生の間違いを指摘できているか。
  • 一方的な説明による授業ではなく、学生との相互的なコミュニケーションの上で授業できているか。
  • 口頭練習をする際、学生に対してスムーズな指示ができているか。(語彙コントロール含む)