Q1:採用試験としての模擬授業について(募集機関様対象アンケート)

専門学校 日本語科

採用試験としての模擬授業について、以下の機関からの回答です。
========
専門学校 日本語科
========

模擬授業の形式・設定

  • 場所:教室
  • 使用できるツール:ホワイトボード、絵カード、フラッシュカード
  • 審査官:教員数名
  • 初級文法の導入を課題とすることが多い。学生が理解しにくい文型を課題とする場合と、逆に誰もが導入しやすい文型を課す場合もある。
  • 経験者には理解しにくい文型導入、経験の浅い・未経験者には導入しやすい文型等対象によって異なる。
  • 中級レベルが教えられる講師を募集する場合は、N2の文法導入を課題とする。

評価ポイント

評価ポイント
・準備をしっかりしてきているか
・きちんとした教案を作成しているか →教案提出
・教案がしっかり頭に入っているか
・間違いがないか
・わかりやすさ
・声の大きさ・表情