Q1:採用試験としての模擬授業について(募集機関様対象アンケート)

採用試験に学生目線での評価を加えるもの

採用試験としての模擬授業について、以下の機関からの回答です。
========
所在地:タイ
種別:日本語学校
学生数:約1,500名
学生:タイ人
========

模擬授業の形式・設定

  • 課題:みんなの日本語から文法項目を1つ挙げ、導入から練習にかけてを課題としている。
  • 時間:20~30分
  • 対象:本校教員、または学生
  • 場所:教室
  • 使用できるツール:ホワイトボード、ペン、マグネットのみ(その他のツールは持ち込みであれば可)
  • 審査官の人数:2名程度

評価ポイント

  • 導入、説明はわかりやすかったか
  • 学生を十分引きつけられたか
  • 学生に話す機会を十分か、ドリルは十分準備してあったか
  • 授業のテンポ・リズム・間の取り方はどうだったか
  • 板書は効果的だったか
  • 話す日本語は自然だったか
  • 語彙のコントロールはできていたか
  • 教具を有効に使えていたか
  • 即戦力かどうか
  • 立ち居振る舞い、雰囲気作りはどうだったかなど