Q1:採用試験としての模擬授業について(募集機関様対象アンケート)

真剣に取り組んでくるか

採用試験としての模擬授業について、以下の機関からの回答です。
========
和陽日本語学院
========

模擬授業の形式・設定

  • 課題「みんなの日本語初級1の17課練習A1、A2です。
  • 教案を作成してもらい、30分くらい専任講師の前で模擬授業をやっていただきます。
  • 専任講師は生徒役を兼ねていて3、4人です。
  • 使用ツールは自由です。

評価ポイント

  • 教師として基本(板書は丁寧でわかりやすいか・学生を見て話せるか・学生に良い印象をあたえるかなど教師に向いているかどうか)
  • 次に日本語教師としての力量(分かりやすい説明・学生の発話を多くする・ソロ・コーラスをうまく使う・教師の語彙コントロールができているか・教師の話が多すぎないか)などをみます。
  • 模擬授業にあたり、準備をきちんとしているかなども重要です。