Q1:採用試験としての模擬授業について(募集機関様対象アンケート)

全てではないがその教師の指向がうかがい知れるもの

採用試験としての模擬授業について、以下の機関からの回答です。
========
所在地:東京都
機関:告示校日本語学校
学生数:約100名
学生:留学目的(ベトナム、中国、モンゴル、ネパール、ミャンマー)
========

模擬授業の形式・設定

  • 課題:「くれる」の導入から練習
  • 時間:20分~30分
  • 対象:書類選考通過者
  • 場所:当校教室
  • 使用できるツール:ホワイトボード、マーカー、マグネット、プロジェクター、スクリーン、スピーカー
  • 審査官人数:3名

評価ポイント

  • 教壇上での態度(姿勢・目線・発声・立ち居振る舞い)
  • 学習項目の理解度(文法分析の正確さ)
  • 語彙コントロール(想定レベルの把握度)
  • ティーチャートーク(速さの適切さ、滑舌、発音の良さ)
  • 当該準備の度合い
  • 全体の雰囲気(当校との適合性)