Q1:採用試験としての模擬授業について(募集機関様対象アンケート)

日本語教師としての適性を見るもの。

採用試験としての模擬授業について、以下の機関からの回答です。
========
岡山県
日本語学校(告示校)
学生数約300
進学目的の学生がほとんど
========

模擬授業の形式・設定

  • 課題:初級文法項目の中から1つを指定。
  • 時間:45分。
  • 形式:日本語によるクラス授業。(媒介語による説明なし)導入(場面設定)⇒説明⇒練習⇒応用練習
  • 対象:多国籍クラスを設定。講師2~3名が学生役。
  • 場所:本校教室。
  • 使用ツール:ホワイトボード、CDプレイヤー、パソコン、プロジェクター。
  • 審査員:常勤講師2~3名(うち1名は教務主任)。

評価ポイント

  • 学生を惹きつける笑顔と声量があるか。
  • 態度が堂々としているか。
  • 文法項目の分析がきちんとできているか。
  • 適切な日本語で説明ができるか。(語彙コントロール含む)
  • 十分な量の練習を準備しているか。