NIHON MURA (日本村)

日本語教師・職員求人情報  | 日本語教師のための 学校訪問会・採用説明会
日本語教育 Note  | 日本語教育情報

« この仕事に対する姿勢を見るもの | メイン | 学生からクレームがないよう授業ができるかどうかの見極め »

2019年6月24日 (月) 掲載


専門学校 日本語科

採用試験としての模擬授業について、以下の機関からの回答です。
========
専門学校 日本語科
========

模擬授業の形式・設定

  • 場所:教室
  • 使用できるツール:ホワイトボード、絵カード、フラッシュカード
  • 審査官:教員数名
  • 初級文法の導入を課題とすることが多い。学生が理解しにくい文型を課題とする場合と、逆に誰もが導入しやすい文型を課す場合もある。
  • 経験者には理解しにくい文型導入、経験の浅い・未経験者には導入しやすい文型等対象によって異なる。
  • 中級レベルが教えられる講師を募集する場合は、N2の文法導入を課題とする。

評価ポイント

評価ポイント
・準備をしっかりしてきているか
・きちんとした教案を作成しているか →教案提出
・教案がしっかり頭に入っているか
・間違いがないか
・わかりやすさ
・声の大きさ・表情



日本語教育能力試験に合格しよう!

日本語教師・職員
求人情報
情報を掲載したい日本語教育実施機関様はこちらから
最新情報

検索


Copyright © 2001-2019 NIHON MURA. All rights reserved
日本村有限公司 NIHON MURA CO.,LTD.
10552
台北市松山區復興北路73號7樓之2 TEL02-8772-7977 FAX02-8772-3339